人生の目的を持つと良い

投稿者: | 2015-12-17

興味深い記事でした。非常に興味深い。

「人生の目的」をもつと寿命が延びる(2015.12.14掲載)

人生に対して目的意識をもつと、心臓が保護され、寿命が延びる――こんな研究結果が「Psychosomatic Medicine: Journal of Biobehavioral Medicine」12月3日号に掲載された。米マウントサイナイ・セントルークス・ルーズベルト病院(ニューヨーク市)のAlan Rozanski氏らの研究。

研究によると、「人生には意味がある」、あるいは「他の人の役に立っている」と強く感じている人は、心疾患発症と死亡のリスクが低かったという。

目的意識を持って生きている人とそうでない人とでは、人生の質が異なるというのは想像できるところです。加えて、健康とも大いに関係しそうだという話(現状言えるのは因果関係ではなく、相関関係までですが)。

目的意識があれば、健康に良いことにも前向きに取り組み、不健康な習慣や行動を免れる可能性が高そうです。逆に暴飲暴食、過度の飲酒や喫煙などは、目的意識のない人の方が陥りやすそうです。運動もしなさそうですし。

あとメンタル面も結構重要な気がします。目的意識を持ち、日々の生活にハリや生きがいを感じている人は、そうでない人と比べ、仮に行動面で同じことをしていても(これ自体、非現実的な想定ですが)、健康を保つ可能性が高いのではないでしょうか。

ただ一方で、上位1%以内に入るようなズバ抜けて長命な人は、目的意識とは別の「何か」を持っているような気もします。遺伝的特性とライフスタイル・生活環境の「かけ算」で、驚くほど長生きする人。この辺は、真似しようと思っても真似できるものではないですね、たぶん。

「・・・がある人は長生きする確率が高い」。人生の目的以外に、愛する家族がいることや、信仰を持つことについても同様のことが言えるのではないでしょうか。仕事については、頑張りすぎてしまったりストレスの素になったりすることもあるので、一筋縄では行かなそうです。私の立場からは、「志がある人は長生きする確率が高い」であってほしいです。誰か、研究してくれませんかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください