メディアの敗北

投稿者: | 2016-11-14

アメリカ大統領選挙、敗れたのはヒラリー・クリントン氏だけでなく、CNNやニューヨークタイムズなどリベラルなメディアもそうでしょう。

日本でもそうですが、庶民の生活実感や政治意識からかけ離れた「きれい事」を垂れ流す。それも、受け手を見下すような姿勢で。そんなメディアが愛想尽かされるのは、ある意味で当然のこと。庶民の側からすれば、「誰がこんなものに金払うか!」といったところです。

さて問題は、庶民の代弁者となるようなメディア、それもそれなりに良識を保ったメディアが成立するのかどうか、というところです。理想を掲げて始めるのは簡単ですが、ビジネスとして継続していくのはなかなか難しそうです。期待できそうなメディアが現れたら、全力で応援するのですが。

「言論プラットフォーム」を標榜するアゴラはそれに近い存在と言っていいかもしれません。ただまだ書き手の絶対数が少なくて、プラットフォームという域には達していないのが実情ですよね。

今週は週刊東洋経済が「そのメディアにおカネを払いますか?」という特集を組んでいます。私の問題意識と重なるところがあるので、しっかり読んでさらに考えを深めたいと思っています。

週刊東洋経済 2016年11月19日号 | 東洋経済

テレビと新聞の地位低下が止まらない。個人は無料メディアに流れ、企業は広告をネットにシフトさせている。生存競争の勝者は誰だ。

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください