業界人が自己弁護しても・・・

投稿者: | 2017-01-19

前回は、死にゆく当人が「葬式無用」と言い残すのはいかがなものだろうか、ということを書きました。

世の中には「葬式不要論」みたいなのが広まってきているのは確かです。ただこれに対して葬儀業者やお坊さんなどが「いや、葬式は必要だ!」と力説してみても、自分たちの利益のために言ってるんでしょ、とまともに受け取ってもらえないんですよね。効果もなければ、意味もないのではないでしょうか。

それよりは、良いお別れの形を自ら提案するくらいであってほしいものです。

世にある「葬式不要論」のかなりの部分は、葬式というかお別れの集い一切を否定すると言うよりは、形骸化しカネばかりかかる今の日本の葬式のあり方に対する「ノー」の意思表示でしょうから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください