自分のことしか語らない人たち

投稿者: | 2017-02-22

Twitterを見ていると、話題にするのが自分の仕事のことや生活のことばかり、という人がいます。

一般人、有名人問わずそうですが、後者は特に自分について言及したツイートを頻繁にリツイートしていますね。こういう人たちって実は少なくて、全体の1割にも達しないでしょう。それだけに、目立ちます。もっと言えば、鼻に付きます。

実際自分にしか関心がないナルシストなのか、それともTwitterを自己宣伝のツールと割り切って利用しているからなのか、いずれかは分かりません。ただ読む側からすると、「この人、自分のことばかりだな」と見下す気持ちを持ってしまうのは確かです。それが理由でフォローするのをやめた人もいました(そのこともあって、私のタイムラインでは1割にも満たないのでしょう)。

ちなみに企業の公式アカウントはまた違いますよ。それは自社の宣伝が目的なので、「自社のことばかり」になるのはある意味当然です。ただそれだけに、他社のアカウントとからんだり自社に関係の無い話題にも飛びついたりするような「遊び」のあるアカウントには好感持っちゃうんですけど。

せっかくのSNSです。自分という小さい枠にとらわれず、「良いこと」「素敵なこと」を共有し合ってもっとつながりが広がって行くような、そんな使い方をしたいものです。

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください