テーラワーダ仏教

ある方のブログで、テーラワーダ仏教という言葉を知りました。

ご先祖様とこれからの仏教(Be Happy お釈迦様の教え 「幸せであれ!」)

「大乗仏教」は、お釈迦様のお教えからかなり離れている事も最近分かって来ました。それは、日本テーラワーダ仏教協会のスマナサーラ長老がお釈迦様の直接の教えとして、「テーラワーダ仏教(根本仏教)」をこの日本に伝えて下さったからです。

Wikipediaで検索してみると、テーラワーダ仏教は以前からある上座部仏教、南伝仏教、小乗仏教などと同義のようです。

上座部仏教 – Wikipedia

個人的な印象では、これらは仏教におけるファンダメンタリズム。10代の頃仏教の本をあれこれ読んだ限りでは、ブッダの教えに忠実である点で、心惹かれるものがありました。信仰を個人が選び取る今の時代に、マッチしているように思います。スマナサーラ長老やテーラワーダ仏教について、突っ込んで勉強してみるつもりです。

上記ブログ、RSSリーダーに登録しました。

その上で、2つほど異論。

ブログのタイトル「Be Happy お釈迦様の教え」ですが、ブッダの教えを根本的に曲解しているように思えてなりません。どういうおつもりでしょうか。

あと、上記ブログ記事は根本仏教と大乗仏教の融合・理解を提唱されておられます。言葉としては麗しいですが、それが可能かどうか、必要かどうかについては大いに疑問があります。両者のターゲット、ひいては根本にある論理が全く異なるからです。せいぜいできるのは、「いいとこどり」くらいじゃないでしょうか。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ ブログランキングに参加中です。

WordPress Themes