「終活」という呼び名の限界

もともと葬祭関連の業界から出てきた「終活」という言葉。

そのため、今でもメディアでこの話題が取り上げられる時には葬儀やお墓のことが大きく扱われます。他には身辺整理・生前整理のことあたりでしょうか。もちろん、エンディングノートも。

けれど私に言わせれば、生前準備において葬儀やお墓のことなんてごく一部であってそれほど重大なことでも、頭を使うべきことでもありません。「どうでも良い」とまでは言いませんが、特にトラブルになったり遺族に迷惑を掛けない形で処理できればそれで十分なのではないでしょうか。

終活という言葉の持つ問題点、そして限界がここにあるような気がします。人生の後半期においてもっと考えなければならない点、人として大切なことに考えが及びにくいんですよ、この言葉を使っていると。

そんなこんなで、私は自分から「終活」という言葉を出すのは控えるようにしています。

あと余談ですが、たまに「終活の準備」ということを言う人がいます。そもそも終活というのが死への備えなので、終活を準備するというのは「頭が頭痛」とか「馬から落馬」なみに重複した表現になってしまっています。こういうこと言う人は間抜けに見えるので、気を付けた方が良いですよ。

Related Post


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ ブログランキングに参加中です。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. | トラックバックのURI

Leave a comment

WordPress Themes