素晴らしい会社の条件

投稿者: | 2009-03-06

何となく、自分なりに見えてきた気がするので、まとめてみます。

どんな会社が「素晴らしい」と言えるのか。

永く繁栄している企業
長続きしていることと、それなりに収益を上げていること、両方が必要です。短期的に巨大な収益を上げても長く続かないのでは意味がないし、あまり儲からないままにだらだら続いている企業には活気がありません。

理念やミッションが浸透している企業
組織の背骨とでも言いましょうか。優れた組織では、必ずメンバーが理念やミッションを共有しています。だからこそ組織に求心力が生まれるし、メンバーの自律性を許す余地があるのです。

従業員を大切にする企業
案外、この点が一番重要かもしれません。従業員を単なる労働力と考えたり、いわんやコストの源泉と考えるようでは、人の持つパワーを活かしきることなんてできるはずがありません。

みんなが参画している企
この点については、現代の企業に著しく欠けていると言わざるをえません。上意下達といった組織運営のやり方は、もう古い。現場の従業員の意見やアイデアを継続的に吸い上げ、活かす仕組みがなければ、これからの企業は絶対に大したことはできません。外部環境の激しい変化に対応できないでしょうし、従業員に「やりがい」を与えることもできないでしょうから。

顧客から熱狂的に愛されている企業
従業員が誇りを持って献身的に仕事をしているから、その企業の製品やサービスは顧客を満足させることはもとより、時に感動すら与えます。そんな企業が、愛されないはずがありません。

結論的なことを言えば、リーダーやトップのあり方が、今までの常識とは違ったものにならざるをえないようです。オレ様型じゃダメ、ってことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください