一日一仕事

投稿者: | 2009-03-10

あとどれくらい生きられるのかなぁ、なんてことを時々考えます。40歳手前の永岡です。

普通に生きれば、まだ1万日以上は生きられるかな、と思ったりしています。

そこで、「一日一仕事」を心がけると決意しました。一日に最低一つは、何か語るに値する仕事をする、ということです。

最低一つというからには二つ以上でもいいわけですが、「語るに値する」という条件を満たすものは、三つも四つもできるはずはありません。「語るに値する」というのは、人生の目標や使命にどこかでつながってなくてはならず、雑務や事務処理とは別物だからです。

毎日、一日が終わったときに、「今日はこれをした」とささやかな満足感を抱えながら眠りに就きたいものです。仮に私が80歳まで生きるとしたら、あと1万5千回「一日一仕事」をこなすことになります。そう思えば、志が大きすぎるなんてことはない、と実感できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください