2018-08-06のTwitterログ

2018-08-06のpostは、21件です(Reply除く)。

つぶやき

  • 最上川が氾濫なんてしたら、酒田の市街地がどれだけ水没するのか。見当もつきません。。。 posted at 06:52:40

高校野球関連

  • 100回大会の第1号本塁打は、高知代表・高知商業。今大会 に明徳義塾が不在なのも含め、甲子園って本当に「魔境」ですよねぇ。 posted at 08:45:25
  • 高知商業がホームラン2発。あの飛球ががスタンドまで届くとは・・・。昔風に言えばバックスクリーン。 posted at 08:59:12
  • 高知商業のエースは、陥落寸前・・・。6点のリードを守れそうにありません。。。 posted at 09:10:19
  • 逆転満塁本塁打。いやー、野球の恐ろしさをまざまざと見せつけられています・・・。 #高校野球 posted at 09:13:35
  • RT @fukudasun: #甲子園:山梨学院9-7高知商(試合中) 山学100 08 高商012 4 【山】垣越 【高】北代 【本】藤高2ラン、乗松3ラン(高)中尾満塁(山) ※詳細→ bit.ly/2nbWNiK posted at 09:13:51
  • ただ今11-10。激しい打ち合い。野球って、こんなに簡単に点の入るゲームでしたっけ??? #高校野球 posted at 09:49:30
  • 両チームの主軸打者が振り抜けば、どんどんボールが飛んでいくという。。。投手は受難の試合ですねぇ。 #高校野球 posted at 09:55:48
  • RT @0KEcTyeRU6pJbXN: 11がたくさん 1試合目からノーガードの打ち合い pic.twitter.com/AiQud8GGQc posted at 09:57:52
  • 最後のストライク判定は、たぶん主審もそろそろこの点の取り合いにウンザリし始めているためかとw #高校野球 posted at 10:01:23
  • 信じられないくらい点の入る試合。両チーム合わせて30点入りそう・・・。ただ今14-12で高知商業がリード。 #高校野球 posted at 10:07:54
  • 高知商業が何とか勝利。終盤は、エース・北代投手が本領を発揮しましたねぇ。 #高校野球 posted at 10:28:19
  • RT @nhk_koushien: 【 #山梨学院#高知商 】 試合終了 #山梨学院 100081200 12 #高知商 01240430× 14 #高知商 が両チームあわせて30安打の打撃戦を制して12年ぶりの甲子園勝利です。エース北代投手が9回完投。 #NHK甲子園 #特別な一年 #高校野球 #甲子園 posted at 10:31:31
  • 高知商業がこの先甲子園で何試合するかはわかりませんが、エースの北代投手が1人でマウンドに立ち続けることになるのでしょうね。 #高校野球 posted at 10:33:23
  • さて、第2試合は作新学院対大阪桐蔭。大会2日目にして見逃せぬカードが。 #高校野球 posted at 10:48:41
  • 初回は両チーム無得点。前の試合とはうってかわって1点がなかなか入らないような雰囲気。 #高校野球 posted at 11:17:32
  • 大阪桐蔭が先制。やはり主軸打者の打球の速さは圧倒的。。。 #高校野球 posted at 11:28:50

ReTweet

  • RT @nhk_news: 【速報 JUST IN 】山形 酒田 最上川下流で氾濫危険水位超える #nhk_news www3.nhk.or.jp/news/html/2018… posted at 06:50:11
  • RT @ichiyanakamura: しかしこれを観ると、BBCとNHKのドラマは、映像、脚本、役者、そして本気度という点で10倍ぐらい開きがあると感じる。まして民放をや。むかしは日本の放送局ももっと世界に伍していたと思うのだが、いつの間に、なぜこうも差が開いたのでしょう。 posted at 08:51:40
  • NHKは震災からこのかた、放射線について中立的な報道をしてきたとはとても言えません。この件だけでも、NHK受信料の強制徴収を断るには十分な理由。 twitter.com/nhk_n_sp/statu… posted at 09:34:48

リンク


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ ブログランキングに参加中です。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. | トラックバックのURI

Leave a comment

WordPress Themes