宗教儀礼の必要性

葬儀屋さんのブログを読んでいると、「直葬などシンプルな葬儀をするにしても、宗教儀礼はあった方がいい」という記述をよく目にします。

個人的には、坊主は葬儀の場からいなくなるべき(もっと言えば、駆逐すべき)と思っています。葬儀を「メシの種」にするのは、仏教にとって堕落としか思えないんです。仏教を愛する者としては。

でも葬儀屋さん、それも複数の方が上記のようなことを言われれるのは、それなりの理由があるはず。それって何なのか、私なりに考えてみました。

  • 荘厳な読経の音響的効果
  • ありがたい法話
  • 宗教儀礼は「型」を与えてくれる
  • 宗教なしだと、「間」が持たない

こんなところでしょうか。無宗教葬、あるいは宗教的要素を排除した直葬+お別れ会という形式は、私が想像し得ないような深刻な弊害を生むものなのかどうか、慎重に見ていきたいと思います。

参考記事:宗教儀礼だけは行い、それ以外は省略した葬儀 – 葬儀を通して日々考える、鈴木葬儀社社長BLOG

Related Post


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ ブログランキングに参加中です。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. | トラックバックのURI

Leave a comment

WordPress Themes