【映画】象の背中

投稿者: | 2009-04-18

余命を宣告された男が、仕事、家族、友人、兄弟と「別れ」を告げていく物語です。

テーマからすると黒澤明の「生きる」と同種ですが、あちらがファンタジーだとすれば、こちらはもっと等身大かな。今井美樹を妻に持ち井川遥と愛人関係にあるところは、フツーのサラリーマンからすれば夢のまた夢ですが。

実はこの作品、私の提唱する自由遺言にはかなり適合しています。

  • 決然と延命治療を拒否する
  • ケンカ別れしていた元親友との和解
  • 死後の家族の生活保障に対処
  • 息子に生き方を説く
  • 夫婦で手紙を交換する

その意味では、個人的には「自由遺言の映像実例」として、貴重な映画だと思いました。

ただ作品としては、役所広司の演技に観るべきものはあるものの、先に挙げた愛人の件の他、初恋の人に会いに行くシーンや元取引先の社長に暴行されるシーンなど、観ていてムカムカするところも少なくなく、純粋に感情移入してキレイに泣ける映画ではありません。星で言えば3つ、ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください