Pokenを入手しました

話題の「ソーシャル名刺」ガジェット、Poken(ポーケン)を入手しました。

Poken


まだ手に入れたばかりで、他の人と「ハイフォー」する機会には恵まれていません。一応、個人情報は登録したので、今後Pokenをお持ちの方と出会ったら、積極的にハイフォーしようと思います。

少し触ってみた限りでの不満点をいくつか。

デザインがイケてない
これは、皆さんおっしゃっていますね。スイス発祥の製品ですが、日本人のセンスにはどう見ても適いませんね。できれば、日本のどこかのメーカーがライセンスを取得して、もっと洗練されたものにしてくれないでしょうか。

日本のソーシャルサービスに対応していない
mixiなど日本人が多く使うソーシャルサービスに対応していません。これでは、利用価値は半減です。ただこの点は遠からず対応してくれるようですので、それを待ちたいと思います。

モードの切り替えがわかりづらい
複数のプロフィールを作ってそれを使い分けることができるようなのですが、その切り替えの仕方、切り替わったかどうかがイマイチわかりづらいです。TPOに応じて複数のPokenを使い分けろということでしょうか。それは、煩わしい。

他にも、サイトの使い勝手もあまり良くありませんね。総じて、「こなれていないな」という印象です。

でも製品のコンセプトそのものはとても魅力的です。今後は、紙の名刺とPokenを併用する形で人脈の管理をするのが一般的になるような気がします。それには、普及が肝心ですね。みんなが使えば使うほど、役に立つものとなるような製品ですから。値段も、2千円を切るくらいまで下げてくれると、いいんですけどね。

Related Post


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ ブログランキングに参加中です。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. | トラックバックのURI

Leave a comment

WordPress Themes