葬儀屋にできること

ある葬儀社社長さんのブログ記事が目に留まりました。

《ムダを省き納得できるお葬式をしたい!》!こだわりの葬儀屋グローバルケア社長日誌: 人に一番喜ばれる仕事?

この仕事を私も15年携わって来ましたが、経験を重ねる事によりいろいろな思いが変わってきました。

それは、葬儀を通して絆・命の大切さを伝えるお手伝いをしたいと言う事です。

一見葬儀社の仕事では、ないような気がしますが、葬儀社にもできるとある時から気づきました。

葬儀は、ただ単に儀式だけでなく、亡くなられた方どんな人生を送ってきたか改めて家族や友人が回想し、感謝したり「ありがとう」と言う気持ちを伝える場、また、人はいつか亡くなる事を教えてくれる大切な時間だと思います。

そのために、私たち葬儀社は思い出の写真・遺品を飾ったりする事をお勧めしています。

また、故人のために何かしてあげられることはないか一緒に考えさせて頂いております。

葬儀の本質について、ずばり核心を衝いておられる気がします。しかも、経験を通じて見出したものだけに、強い。

ただ問題は、ここで求められているようなことは、今あるような葬儀でなければ実現できないのかどうか。また、今の葬儀のカタチがベストなのかどうか。少なくとも私は、それには懐疑的です。「大いに」と言ってもいいくらいに。

この社長さんが、理念をとことん追求されて、葬儀という枠組みを超えることを期待したいものです。もちろん社長という立場上、会社の利益を度外視するわけにはいかないでしょうが、人々の求めることに真摯に応えていけば、数字は後から付いてくるんじゃないでしょうか。

Related Post


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ ブログランキングに参加中です。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. | トラックバックのURI

Leave a comment

WordPress Themes