河野太郎は闘っている

投稿者: | 2009-09-22

ある方のブログで紹介されていたので、18日の「候補者所見発表演説会」での河野太郎氏の演説を観てみました。

熱、そして闘う覚悟を感じました。2005年の小泉首相による「ガリレオ演説」も迫力がありましたが、これもスゴい。15分の時間を割ける方は、ぜひ見てみてください。

後半で彼の信念が披露されます。自民党が掲げるべき「旗」は何であるかということ。それは、経済を活性化させることで「豊かさ」を実現、その果実を国民に享受してもらうというもので、明確に自由主義の立場です(彼自身は「健全な保守主義」と言っていますが)。

そして、利権で成り立っていたこれまでの自民党の体質を「部族連合」と呼び、上記の理念に賛同する人を結集して近代的政党に生まれ変わらせるのだ、とも言っています。

言っていることのまっとうさと、演説の言葉の力強さに、圧倒されました。

河野太郎を選ばない(おそらくは谷垣氏が選ばれるのでしょう)ような自民党は、金輪際、支持できそうにないな、というのが率直な気持ちです。河野でなくて谷垣、ということは、現状の延長線上でしかやっていくつもりがない、という自民党の意思表示と受け取らざるを得ませんから。

ネットの一部では、「落選したら、河野やその同志は自民党を離れてみんなの党に合流すればいい」という意見があります。私も、それは悪くないアイデアと思います。ただ、今は選挙戦の最中。たとえ勝つ可能性が小さくても、自由主義の旗を掲げて闘っている河野太郎という人を応援したいと思います。

折しも、明日横浜で街頭演説会が行われるとのこと。決して近所ではありませんが、出向いて、拍手・声援を送りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください