「三流国家」で、いいのか?

投稿者: | 2009-12-04

楽天の三木谷浩史社長がTwitterに参入しました。いきなり熱い発言連発で、飛ばしてくれています。

中でも、これ。

View hmikitani&rsquos tweet

私もReTweetしたのですが、この問い、いろんなことを考えさせてくれますね。

まず、私が最初に思ったのは、この問いに対して”YES”と答える人は多くないだろうけど、本音というか無意識の心理としては「三流、上等じゃん」といった感覚が、想像以上に広がっているのでは、ということです。でないと、あえて衰退を選択しているかのような今の日本のありようを、説明できません。

三流国の定義って、何でしょうか。人それぞれ、いろんなイメージがあっていいと思いますが、私は次のようなことを思い浮かべます。

  • 治安が良くない
  • 国民に教育が行き届かない
  • 後の世代ほど、生活水準が低下(ないし、低いまま底這い)
  • 文字通り、正直者が馬鹿を見る
  • 人々が無気力

上記発言に対して、「日本は、もう三流国じゃん」と思った人がいるかもしれません。でもそれは甘い。国は、社会は、まだまだ堕落する余地があります。

三流国であることを肯定する人はもとより、三流国に堕ちていくことを否定しない人も、人々が幸福になる途を狭めているのだということは、自覚していただきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください