「らしさ」ということ

投稿者: | 2009-12-19

葬送の分野では、「その人らしさ」というのが、流行り文句になっています。

そのこと自体は大いに結構です。らしさの反対、あるいはらしさの欠如は、没個性ということでしょうから、らしさがある方が、いいに決まっています。

問題にしたいのは、そこで持ち出されてくるらしさが、本人の趣味だったり、好みのモノだったりと、はっきり言ってショボいものが多い、ということです。

故人である当人が恐らくそれを喜ぶであろう、と遺族が感じ、心から満足してそうしたらしさの発揮にいそしむなら、他人がとやかく言うのは余計なことです。また、実際に故人の持つらしさがその程度のものなら、いいも悪いもありません。

ただ意識の高い人、モノがよく見える人は、それでは「薄っぺらだな」と感じるはずです。やはり人は志を持って生きるべきだし、葬送の場で語られる「らしさ」も、それを反映したものでなければならないと思うのです。

「らしさ」があればそれでいいというものではない。その中身も問題だ、ということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください