40歳を迎えて

投稿者: | 2010-06-23

おかげさまで、おととい、無事に40歳の誕生日を迎えることができました。

一つ年を取ったからといって何かが変わるわけではありませんが、やはり「大台」ですから、いつもの誕生日よりは「節目」という意識を強く持ちますね。

仮に人生80年とすると、40歳はちょうど折り返し地点。年齢の上では「オジさん」「中年」と括られても否定しようのないところに来たな、というのが実感です。

ただ自分としては、仕事・職業生活の面で実績やポジションをいまだに確立できておらず、とても胸を張れるようなオジさんじゃないという気持ちです。まだまだ発展途上なんです。情けないですが。

同時に、「人生の後半戦」ということを少しずつ意識するようにしたいものです。そして、生きている間にしたいこと・するべきことを一つ一つ達成し、あわせてこの世を去る準備もちょっとずつ始めなくては。もちろん、慌てる気はないですけど。

ユング始め、私は中年期以降にいい仕事をした作家・思想家・学者を好む傾向があります。これは既に10代の頃から、そうでした。自分が中年期を迎えることで、彼らの仕事をより深く、身近なものとして味わえるんじゃなかろうか、という期待感を持っていたりもします。若さを失うことは寂しいものですが、それを嘆いていても仕方ないので、今の年代だからこその楽しみをさらに見つけていきたいものです。

このブログも、今まで同様に書き続けていきます。引き続き、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください