一生の業績を一言で

良い企画や戦略は、ズバリ、1つのセンテンスでその本質を表せます。それで相手に伝わるんですね。多くの言葉を費やして、それでもはっきりした何かを伝えられない企画や戦略は、それだけで「ダメ」が決定。

人の一生も、同じじゃないでしょうか。一言で語れる一生は、良く生きられた生なのだと。

一言で語れるということは、人生に軸があるということ。選択と集中を行い、人生からいろんな余分なものを排除してきたということ。以前紹介した「何によって憶えられたいか」も同趣旨ですね。

私も、そんな風に生きたいものです。「新しい形の遺言を普及させた男」なんて語ってもらえるようになったら、光栄だなぁ。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ ブログランキングに参加中です。

WordPress Themes