看護師は「泣いてはいけない」?

投稿者: | 2013-05-22

Twitterでこんなつぶやきを目にしました。看護師の方らしいです。

感情移入しすぎて、仕事の遂行に支障を来すようでは、「プロ」と困りものです(「失格」とまで言えるかどうかは、疑問ですが)。

一方で、感情移入しすぎまいとして患者や家族に対して冷淡に振る舞うようになったとしたらどうでしょうか。あるいは、機械的・事務的と受け取られるような対応になったり。それも看護師のマインドとしては、必ずしも褒められたものではないと思います。

理想を言えば、優しさや温かさを失わないでいて、仕事は仕事できっちりこなす、ということになるのでしょう。そう思うと、「泣いたらダメ」と新人を全否定するような指導というのは、先輩看護師として何かが欠落しているんじゃないか、と思わざるをえません。もしかすると「泣いたらダメ」の背後には、自分なりの経験や、自らが先輩や医師を通じて学んだことが込められているのかもしれません。ならばそれを少しでも説明してあげる方が、新人さんの納得感も得られやすいことでしょう。

考えさせられるテーマ、そして言葉ではあります。「泣いたらダメ」。皆さんは、どう考えますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください