電子書籍端末を購入

先日まで買うつもりはなかったんですが、価格に惹かれて購入しちゃいました。

楽天のkobo gloなる端末。

kobo_glo_gray

電子ブック楽天<kobo>:フロントライト搭載 電子ブックリーダー kobo glo

定価は7,980円ですが、クーポンやポイントを利用することでその半値以下で手に入れました。4,000円以下なら、「青空文庫」専用端末にしたとしても十分元は取れますからね(そう言えば初代iPadを買った時も、そんな「口実」を使っていました)。

やはりスマートフォンで読むよりは、目に優しく、文字を読みやすいです。ライトが内蔵されていて、暗いところでも読書できるのもありがたいです。不満を言えば、インターフェイスやファイル管理システムが独特で、パソコンやスマートフォンを扱い慣れた身には不自由な感じがしてしまうことくらいでしょうか。

これまで電子書籍はAmazonのKindleで買うことが多かったのですが、今後当面は、「koboにあるものはkoboで買う。なければKindleで」という風になるかと思います。クーポン付与やセールなど、価格が流動的なのも両者に共通していますね。

ただ大きな問題は、koboにはAmazonのKDPに相当するようなセルフ出版の仕組みがないこと。早くこの部分に対応しないと、結局Kindleに勝てない気がします。

私にとって次なる課題は「自炊」です。蔵書、とりわけ再読の可能性が低い蔵書をどんどんデジタル化して、書棚をすっきりさせたいものです。この端末は200g以下。microSDカードを使えば、無限に容量を拡張できます。「蔵書の全てをてのひらに」という夢(?)が実現の手前まで来ています。

kobo

※宮沢賢治「銀河鉄道の夜」を表示させているところ

Related Post


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ ブログランキングに参加中です。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. | トラックバックのURI

Leave a comment

WordPress Themes