電子書籍の値段

これまでいろんな電子書籍ストアを渡り歩いていましたが、最近は楽天のkoboとAmazonのKindleに絞られてきています(雑誌だけは、もっぱらFujisan.co.jpです)。

サービスが今後も続くであろうところ、そして結構大きいのが、頻繁に値引きやクーポンを配布していて、安く買えるからというのがポイントです。最近では値引きで買うのが普通になってしまい、「定価で買うのは、アホらしい」という感覚にまでなりつつあります。楽天koboだと、楽天スーパーポイントも使えますしね。

電子書籍のメリットは、数々あるでしょう。場所をとらない、買ってすぐ読める、辞書を引きながら読めるなどなど。一般的に紙の本より安く、加えて柔軟な値付けが可能だというのも、その一つではないでしょうか。気付いていない人、実感していない人はまだまだ多いでしょうし、「紙より先に電子書籍にないかどうか探す」という人はごく一部でしょうが。

ともあれ、koboとKindleのおかげで本代をかなり節約させてもらっています。安さに惹かれて買うことも多いので、トータルの出費が抑えられているかどうかは、疑問ですけど(笑)。

koboにお願いしたいのは、サイトの中に「買いたい本リスト」みたいなのを作られるようにしてほしいですね。そしてセールや、自分が保有するクーポンを使えばいくらで買えるか、チェックできるようにしてほしいものです。いわば「時価」を知ることができる機能ですね。そうすれば、電子化された本は全部koboで買うようになると思いますよー。パソコン用のビューワーも早期にリリースして欲しいですが、これに比べれば「二の次」かと。

Related Post


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ ブログランキングに参加中です。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. | トラックバックのURI

Leave a comment

WordPress Themes