「明日、ママがいない」は続くかどうかわからない

投稿者: | 2014-01-18

15日に第一回目が放送された日本テレビ系列のドラマ「明日、ママがいない」。

早くも、話題のドラマとなってしまっていますね。それも、悪い意味で。

愛菜ちゃんドラマ、初回で打ち切り要請 慈恵病院が日テレ批判 (サンケイスポーツ) – Yahoo!ニュース

児童養護施設を舞台にした芦田愛菜(9)主演の日本テレビ系「明日、ママがいない」(水曜後10・0、関西地区は読売テレビで放送)の放送を中止するよう日本テレビに申し入れると、熊本市の慈恵病院が16日、明らかにした。「養護施設の子供や職員への誤解偏見を与える」などが理由で、放送倫理・番組向上機構(BPO)への審議の申し入れも検討しているという。

民放のドラマは、演出が過剰すぎる嫌いがあります。刺激の強いもの、分かりやすいものでないと視聴者がついてこないと、バカにされているような気がすることが多いんです。それに嫌気が差して観るのをやめるのが、通例です。

このドラマに関しては、録画したものをまだ観ていないので、内容について評価はできません。ただ上記のような「悪評」がネットでも散見されましたので、すでに観る気がかなりしぼんでしまっているのは事実です。

ドラマの制作者が意図したかどうかはわかりませんが、一種の「炎上ドラマ」となりつつあるようです。そのおかげで視聴率が上がるかもしれませんが、非難が強まれば打ち切りというのもあり得ますね。この件に関しては。

なお、このドラマを始め日テレのいくつかの番組は放送終了後にサイトで無料視聴できるようになっています。番組そのものへ賛否とは別に、こうした取り組みは素直に評価したいものです。

日テレいつでもどこでもキャンペーン

さてさてドラマ「明日、ママがいない」は最終的にどんな終わり方をしますやら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください