「卒婚」という仕切り直し

卒婚というものがあるそうです。

離婚ではなく、従来の夫婦関係や生活のスタイルを見直す、というもの。完全に夫婦関係が破綻していれば離婚するのでしょうが、離婚とりわけ年を取ってからの離婚にはデメリットもあります。結婚生活を続け、死ぬまで添い遂げるための「知恵」としてアリなのではないでしょうか。

今シニア層の人たちは、多くが20代半ば、遅くても30代前半までには結婚しているはずです。その頃と今とでは、価値観や好み、生活習慣も変わっていることでしょう。また、夫が定年退職して家庭に回帰するというのも「大激変」です。何らかの形で夫婦のあり方を見直す必要はあるんでしょうね。

その際には、ぜひ互いの「老い」や「死」についての考え方もすり合わせていただきたいものです。介護が必要になったらどうするのか。どのような最期を迎えたいのか。一人になったらどう生活していくのか。などなど。そうした問題にともに対処することも、夫婦に新たな絆を加えることになるはずです。

「卒婚」という言い方に反発を覚える人、あるいは卒婚なんて必要ないさとうそぶく人もいることでしょう。まずは、夫婦で「卒婚についてどう思うか」ということで意見を交わしてみてはどうでしょうか。案外、そこでズレに気づき、卒婚の必要性を思い知ることになるかもしれません。

Related Post


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ ブログランキングに参加中です。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. | トラックバックのURI

Leave a comment

WordPress Themes