生前準備はその人の「器」を映す

投稿者: | 2014-12-14

何年にもわたって考え続け、自分の中で確信になりつつある観念です。

生前準備がつまらないものになるか、実り豊かなものになるかは、結局その人の「器」次第なのではないか、と。テクニックやノウハウを駆使すれば、多少は巧みにできるかもしれません。それでも、器が小さかったらごまかしは利かないでしょう。逆に器が大きい人、巨大な人にとっては目先のテクニックなど関係ありません。むしろ稚拙なくらいの方が味わいにつながる

もう一つ、生前準備いっさいを「つまらない」「くだらない」と切って捨てる人も、その人物自身の器の大きさ(というか、小ささ)を表しているように思えてなりません。他人の生前準備を見て卑小に感じるなら、自分でその枠を超えるだけのものを見せれば良いこと。「くだらない」などと言うのは、やらない言い訳にしか聞こえません。ま、そういう人を説得しようなんて思いませんけど。

限りある人生の時間。より高め合ったり刺激し合ったりできる関係に捧げたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください