何歳まで生きたい?

会話の中で、私が結構する質問です。

その人の人生観や、老い・死に対する見方を知る上で良いとっかかりになると思うからです。肝心なのはそこで何歳と答えるかということだけでなく、その意味や根拠は何か、ということです。どういう思いから、その答えを導き出したのか。

同じ人物に時を経て同じことを訊いてみるのも、興味深いですね。変わったのか変わらなかったのか。変わったとしたら、何かきっかけがあるのか。もちろん加齢はそのきっかけの最たるものでしょう。20代と60代では、考え方・感じ方が違っていてむしろ当たり前です。変わっていないとしたら、そちらの方が「なぜ?」ということになります。

ちなみに私自身は、最低でも90歳以上、できれば100歳を超えて生きようと思っています。希望というより、そのつもりです。健康管理や認知症予防、アンチエイジングなどに興味があるのもそのため。

加齢により自分の心身がどう変わってくかを体感したい、そして変わりゆく世界をこの目で見届けたい、という気持ちです。それらについて「もう十分」と感じるまでは、死ぬのがもったいないという気がしています。

現在44歳の私にとって、それが偽らざる心境です。

Related Post


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ ブログランキングに参加中です。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. | トラックバックのURI

Leave a comment

WordPress Themes