お酒の酔い方にも違いがある

毎日、自宅でも寝る前に酒を飲んでいる私です。

家にはペットボトルの焼酎が常備。買うものは一定しているわけではないのですが、2リットル入りまたは4リットル入りで、甲類焼酎というヤツです。

たまに気分転換のつもりで「甲乙混和」と書かれた芋焼酎や麦焼酎を買ってみることがあります。こちらは紙パックですね。すると、酔い方が普段と違うんですよ。頭がガンガンするというか、脳みそにもやが掛かったようにボーッとするというか。とにかく、普段の甲類焼酎と大きく違うことに驚きます。

一般にはお酒の違いによる酔い方の違いはない、とされているようですが、体験的には間違いなくあります。普段は飲みませんが、ウイスキー、ワイン、ビール、日本酒では味わいだけでなく、酔い方もはっきり違いますよね。

私が焼酎(それも甲類焼酎)に行き着いたのは、安くてたくさん飲めること、酔い方に悪いクセが無いこと、そしてつまみを選ばないことがあります。一生付き合う酒としては理想なんじゃないでしょうか。ペットボトルなんかで買っているので、休みの日などに飲みすぎてしまうことがあるのが、玉に瑕ですけど。

Related Post


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ ブログランキングに参加中です。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. | トラックバックのURI

Leave a comment

WordPress Themes