Category: 死生学スケッチ

「死の受容」と医療者と

前回の続きです。 続きを読む »

「死の受容」をめぐって

ここのところ表題のことについて考えさせられるきっかけがあったので、現時点での私の考えをまとめ、文にしておこうと思います。 続きを読む »

豪ビクトリア州で安楽死が合法化される

先月末に報じられていました。 続きを読む »

安楽死させてくれる医師がいるのか、という問題

女性セブンに掲載された橋田壽賀子さんと小笠原文雄医師の対談記事がネットでも読めるようになっています。 続きを読む »

人は、強く賢く、そして気高い

タイトルが気になって読んだものの、心にひっかかりを覚えた文章でした。 続きを読む »

医学は万能じゃないけれど

日本社会にはいろんな問題点がありますが、その一つが医学の知見を踏まえていない、それどころか明白にそれに反するような言説がまかり通っていることでしょう。 続きを読む »

量子論的生命観の世紀

21世紀の人類において大きく変わるだろう、と私が見込んでいるものの一つが生命観です。 続きを読む »

NHKが死について取り上げると・・・

昨日のNHKニュースで、先日亡くなった日野原重明さんの最後のインタビューが放送されました。 続きを読む »

人生100年時代? ちょっと先走りすぎでは

今週、政府が「人生100年時代構想会議」を発足させました。 続きを読む »

「がん検診受けて」だけで良いのか

先日NHKのニュース番組内で、5月に亡くなった外科医・西村元一さんへのインタビュー動画が紹介されていました。 続きを読む »

WordPress Themes