Category: 死生学スケッチ

医療の進歩は福音か

遺伝子を解析したり操作する技術が発達することで、この数十年のうちに医療が劇的に進歩することが見込まれています。 続きを読む »

病院死という「偏見」

医師や看護師が語る死生観、みたいなのは日頃から強く興味を持って読んだり観たりしています。 続きを読む »

日本人の死生観を変えるには

いつも楽しみにしているダイヤモンド・オンラインの連載「医療・介護 大転換」が更新されました。 続きを読む »

ホーキング博士の無神論

3月に亡くなったスティーヴン・ホーキング博士の新著「Brief Answers to the Big Questions」が気になっています。 続きを読む »

日本人と宗教

より良く生きる上で、また死にぎわを安らかに迎えるためにも、信仰心はないよりもあった方が絶対にマシ、と考えています。 続きを読む »

宗教不在という「異常」

緩和ケアなど終末期医療に携わる医療者の本をよく読み、勉強させてもらってます。 続きを読む »

スピリチュアルと医療者

病気やケガを「治す医療」と死にゆくものに寄り添う「看取る医療」では、求められるものがまったく違います。 続きを読む »

個の人生を超越して生きる

「人は幸せになるために生まれてきた」といったことを言う人がいます。 続きを読む »

動物ドキュメンタリーの効用

「いのちの教育」みたいなのにはいろんなやり方があると思います。 続きを読む »

幸せな死とそうでない死

テレビや雑誌といったメディアで「死」が取り上げられると、できるだけチェックするようにはしています。特に在宅医療で死を迎えたケース。 続きを読む »

WordPress Themes