Category: 世のこと・人のこと・ネットのこと

格差を嘆くなら世界規模の格差を

格差の問題はこの10年くらいずっと言われ続けています。 続きを読む »

「日本の財政は大丈夫!」という過信

「日本の財政は将来も安泰だ」と本気で信じている人、少なくないようですね。 続きを読む »

自己責任を否定するのも、結局は自己責任

「自己責任」という言葉をめぐって論争が起き、日本社会の一部にこの言葉を毛嫌いする人が現れてから10年以上が経ちます。 続きを読む »

天使は、いる

12日放送されたNHK「目撃!にっぽん:ショッピングモールの歌姫」、私は後日NHKオンデマンドで視聴しました(今は既にオンデマンドから外されています)。

目撃!にっぽん「ショッピングモールの歌姫」 – NHK

“ショッピングモールの歌姫”、半崎美子さん(36)。なにげなくモールに買い物に来た客の足を止め、ステージを涙で包み込む。10年にわたって全国各地を回り、そう呼ばれるようになった。ライブ後は、感極まった人々が半崎さんのもとに列をなし、日常の暮らしの中の悩みを打ち明ける場となる。

NHK「みんなのうた」にも起用されていたそうなので知る人ぞ知る存在だったんでしょうが、私はこの番組で初めて半崎さんのことを知りました。

ライブ後の握手会で半崎さんはずっと泣きながら、観衆一人一人の身の上に耳を傾けていました。この場で聞いた話やファンから受け取った手紙から歌が生まれることも、少なくないそうです。

他人の人生にここまで真摯に向き合う姿を見て、神々しささえ感じたことでした。「歌姫」というより「女神」のような人だな、と。ファンの言葉に耳を掛けることが創作につながり歌手活動の原動力にもなっているわけですから、完全な自己犠牲というわけではありません。それでもなかなかできることではないな、と感じたことでした。

そして男性の私としては、こういう天使のような人はやはり女性に圧倒的に多いのではなかろうか、とも。今年亡くなった小林麻央さんも、そんな人でしたよね。

自分自身は天使にはなれないかもしれません。けれど、こうした人のことを称え、陰ながらでも支援することがそこに少しでも近づく一歩となりそうです。今のところ再放送は予定されていないようですが、NHKにはぜひ再放送をお願いしたいものですね。

今回のに限らずこの「目撃!にっぽん」はかなり上質のドキュメンタリー番組です。日曜の朝早い時間なのでなかなか目にする機会がないかもしれませんが、毎回どんな話題が取り上げられるのか、チェックすることをお薦めしますよ。

日本を「希望の国」にするには?

第48回衆議院総選挙の結果が確定しました。 続きを読む »

希望の党は何を打ち出せば良かったのか

マスコミ各社から発表された衆議院選の序盤情勢を見ると、希望の党については「失速」という言葉が多く使われています。 続きを読む »

政治における「変節」について

民進党にいながら希望の党の公認を得た前議員や、いったん希望入りを模索したものの立憲民主党ができるやすぐにそちらへなびいた前議員に対して、変節をなじる声が聞かれます。 続きを読む »

自由主義の政党がほしい

10日に公示され、22日に投開票が行われる衆議院総選挙。 続きを読む »

人口高齢化の副産物

日本は人口の高齢化が進んでいます。 続きを読む »

税負担と政府の役割について、世論を集約していくべきでは?

民進党の新代表に前原誠司氏が就任しました。 続きを読む »

WordPress Themes