Posts tagged: 死生観

「死の受容」をめぐって

ここのところ表題のことについて考えさせられるきっかけがあったので、現時点での私の考えをまとめ、文にしておこうと思います。 続きを読む »

量子論的生命観の世紀

21世紀の人類において大きく変わるだろう、と私が見込んでいるものの一つが生命観です。 続きを読む »

鉄は熱いうちに打て!

自分のことを振り返ってみても、子供というのは大人が思う以上に多くのことを感じ、知っているものです。 続きを読む »

死を受容できぬまま死んでいくということ

死にゆく人の中には、結局「死にたくない」とか「死ぬのが怖い」と悲痛な思いを抱えながら死んでゆく人もいることでしょう。 続きを読む »

わかっちゃいるけど、やらない

日本人の生前準備に関して最大の問題は、大半の人がその必要性を認めつつ、実際に着手する人は1割かせいぜい2割弱しかいない、ということではないでしょうか。 続きを読む »

「死ぬのが怖い」への対処法

こんな記事・ネタを見つけました。 続きを読む »

「死を想う」レッスン

日常生活に追われて日々を過ごしていると、「死について考えよ(メメント・モリ)」と言われてもなかなか難しいものがあります。 続きを読む »

身内の死と死生観

人の死生観はまちまちでしょうが、身内の死を経験することはかなり大きな要素となりそうです。 続きを読む »

安楽死を論じる3つの視点

今月の月刊「文藝春秋」が「理想の逝き方を探る」という特集で安楽死の問題を正面から扱っています。 続きを読む »

女の死生観・男の死生観

読売新聞の連載「QOD 生と死を問う」第4部のシリーズが完結しました。 続きを読む »

WordPress Themes