Posts tagged: 終末期医療

「平穏死」なんて言葉、無くなればいい!

といっても、死は苦しいのが当たり前だから平穏に死ぬ人なんてあってはならない、ということではありませんよ。 続きを読む »

「安らかな死」の好循環を

現代の日本人は、死への心構えができていないためにいざ自分の死が目前に迫ってもなかなかそれを受け入れられず、いわば往生際の悪い死を遂げてしまっているケースが少なくないと見受けられます。 続きを読む »

厚労省が終末期医療啓発に乗り出す

注目すべき取り組みですね。 続きを読む »

ノイジーマイノリティーと戦う決意

記事を読んで、呆れ、腹立たしくさえ感じました。 続きを読む »

「こんなはずじゃなかった・・・」という嘆き

4月1日にEテレで放送された「こんなはずじゃなかった ~在宅医療 ベッドからの問いかけ~」が心に引っかかっています。 続きを読む »

気持ちは変わるから・・・

終末期医療に関する意思表示において解説している文章を読んでいると、「気持ちは変わるものだから」といった主旨のことをよく目にします。 続きを読む »

「ただ乗り」をどこまで許せるか

逢沢一郎代議士がこんなことをツイートしていました。 続きを読む »

自他の「死に際」について考えることから

生前準備の必要性や意義を認める人は、半分くらいいます。 続きを読む »

人工知能が意思決定するようになる?

人工知能などコンピューターの研究が進み、同時に脳研究なども進むことで、近い将来、個人の脳をそっくりコンピュータ上に再現できるかもしれない、ということが言われるようになりました。 続きを読む »

医師の多く(というか大部分)が生前準備を推奨

終末期医療に携わる医師の本をよく読みます。テレビでそういう人が出るときも、積極的に観るようにしています。 続きを読む »

WordPress Themes