日本、優勝!!

投稿者: | 2011-07-18

ドイツで開催されたサッカーの女子ワールドカップは、日本が決勝でアメリカを降し、悲願の初優勝を果たしました。

試合開始は日本時間では午前3時45分と、早朝というより超早朝でした。一応私は、昨日早めに寝てそれよりずっと前には起きていました。今日が「海の日」で休日だったというのも、日本国民にとっては心置きなく観戦できるということで、ラッキーでしたね。

これまでもドイツ、スウェーデンを相次いで破り、決勝まで駆け上がって来た日本。でも対戦相手のアメリカには一度も勝ったことがありません。「もしかしたら」と思いつつ、勝敗の行方は「半信半疑」くらいで見始めた、というのが正直なところです。

試合は、後半に先制されて追いつき、延長でも前半に勝ち越されて、延長後半の終了近くになって追いつくという展開。あまりにも「できすぎ」で、これがフィクションなら、「嘘くさい」と白けてしまうレベルでしょう。そしてきわめつきが、PK一本目でのキーパー海堀の足でのセーブ。アメリカに勝ったこと自体も、試合の内容も、ともに神がかった感じがしました。それもこれも、今大会の「なでしこ」がチームとして一丸となり、そして選手一人一人が「絶対に優勝するんだ!」という強い気持ちを持っていたためでしょう。キャプテンでチームの精神的支柱であった澤穂希さんの存在も、絶大なものがあったかと思います。

信じられない/サッカー速報/デイリースポーツonline

信じられない なでしこ沢穂希の話

信じられない。みんなで最後まで諦めずに戦い抜いた結果。120分間、自分を信じて走り続けた。ずっと世界一を目標にやってきた。金メダルを日本に持って帰ります。(共同)

女子とはいえ、日本のチームがW杯の決勝まで進み、そして勝ってしまうなんて、まさしく夢のようです。

今大会中もよく言われましたが、女子選手の競技環境は男子に比べると随分貧弱・劣悪なようです。今回の優勝を機に次世代の多く少女たちがサッカーに目を向けるでしょうから、しっかりと強化を図って「W杯8強の常連」くらいになってほしいものです。

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください