2018-04-07のTwitterログ

2018-04-08のpostは、20件です(Reply除く)。

つぶやき

  • 自殺・自裁は日本の文化と言ってもいいようなものです。ただやはり、係累のある人とそうでない人の自殺は別物かと。 漱石の「こゝろ」に出てくる先生も自殺しますが、妻はあっても子はない人ですよねぇ。漱石自身は子もあり自殺もしていませんが・・・。 posted at 08:21:30
  • 本日は大谷投手の二戦目登板。 #ShoTime のハッシュタグがさらに盛り上がると良いですねぇ・・・。 posted at 08:26:34
  • 結婚生活を知らない自分は、長年連れ添った妻を喪った男の気持ちというのはわかりません。 むしろ「いい人」を画に描いたような祖母が早く死んで祖父がそのあとも随分生き残ったことを、今でも恨みに思ってます。。。 posted at 09:26:47
  • フィルム式のカメラって、結局一回も購入・私用したことがありませんでした。白黒フィルムは言わずもがな。カセットテープにまつわる思い出がふんだんにあるのとは随分違います。。。> RT posted at 09:55:13
  • 自分は長子なので、弟や妹に比べると幼い頃の写真がずっと多いです。これって男女かかわらず長子あるあるですよねぇw posted at 09:58:07
  • 幼い頃からデジタル機器に魅了されてきた自分からすると、カメラのデジタル化は「想定の範囲内」でした。たださすがにスマートフォンによってカメラという機器そのものの存在価値が揺らぎ薄れるというのは、想像以上の進展です。そのスピード含め。 posted at 10:03:49
  • “Raindrops Keep Fallin’ On My Head”が「雨にぬれても」になるのはまぁ素直な邦題でしょうが、「明日に向って撃て!」は今考えても大胆ですよねぇ。「俺たちに明日はない」があったからハードル低かったのかもですが。 posted at 10:36:01
  • アメリカン・ニューシネマとされる作品、自分は20歳前後にレンタルビデオで観ました。「だいたい観た」までは行かず「めぼしいのをいくつか観た」レベルですけど。 四半世紀いやほぼ30年前。作品がつくられてからも、もう50年近く経つんですねぇ・・・。 posted at 10:45:18

ReTweet

リンク

  • [ブログ更新] 2018-04-04のTwitterログ dlvr.it/QNhhGZ posted at 08:09:38
  • 高畑さんの訃報、昨日知りました。自分の親より一回りくらい上の世代ですが、この人が関わったアニメにどれだけハマったことか。宮崎駿さんにも言えることですが。> 高畑勲監督が死去 盟友・宮崎駿監督ショック コメント出さず「まだその気持ちにはなれない」 www.sponichi.co.jp/entertainment/… posted at 08:42:12
  • 金本監督がいる間は、藤浪投手が縦じまのユニフォームで輝くことは考えにくいです。他チームへの移籍もそろそろ考えた方が良さそうな。> 阪神・藤浪に早くも最後通告…金本監督「全員バントされたら全部ヒット」 (1/4ページ) – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ) www.sanspo.com/baseball/news/… posted at 09:40:38
  • 明日夜のBS-TBS「SONG TO SOUL」は「雨にぬれても」だそうです。> 「SONG TO SOUL?永遠の一曲?」|「雨にぬれても」B.J.トーマス www.bs-tbs.co.jp/songtosoul/ona… posted at 10:27:42
  • さて本日のプロ野球は全6試合が14時開始。差し当たり注目は、西武の連勝は続くのか?斎藤佑樹投手はどんなピッチングするのか?ですねぇ。> プロ野球 – 日程・結果 – スポーツナビ baseball.yahoo.co.jp/npb/schedule/?… posted at 10:52:45
  • 関西でいまだにテツのイメージが根強いのは、当然でしょうねぇ。> 西川のりおが高畑さん悼む 「じゃりン子チエ」テツで「当たり役くださった」/芸能/デイリースポーツ online www.daily.co.jp/gossip/2018/04… posted at 11:29:35

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ ブログランキングに参加中です。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. | トラックバックのURI

Leave a comment

WordPress Themes