人生についての考え方

平成の終わりが近づき、「時代」というものに思いを馳せる機会が増えるようになっています。

この30年ほどの世相で大きく変わったのは、日本人が「自分」「私」にこだわるあまり、かえって自らを不幸にしてきたのではないかな、ということです。昭和の時代からそうした流れはあったでしょうが、平成になりそれが色濃くなったな、という印象です。

自分の人生、自分のいのちという枠だけで考えているから、他者や社会との関係について頓着しなくなる。また、真の幸福感といったものからも結果的に遠ざかっていく。言ってみれば自滅への道を突き進んでいるな、と。

平成の次に来る時代では、その流れを食い止め、反転させたいものです。今の天皇皇后両陛下がそうした流れとは正反対のご夫妻であられただけに、皮肉と言えば皮肉ですよね。

ともあれ、各人が「自分の人生をどう使うか」「自分の命を何に捧げるか」を真剣に考え、同じ指向を持つ者同士でつながり合っていくのが一番かな、と思っています。逆にますます自分中心主義みたいなのが昂進していくとしたら、社会の片隅で「オレは世のため人のために生きるんだ!」などと意気込んでいても空しくなるだけです。

Related Post


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ ブログランキングに参加中です。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. | トラックバックのURI

Leave a comment

WordPress Themes