「モリー先生との火曜日」

遅ればせながら、「モリー先生との火曜日」を読了しました。涙を流すことこそありませんでしたが、深い感銘を受けました。一生大切にしたい本となりそうです。

続きを読む »

遺訓の項を大幅に加筆しました。

遺訓」の項に「家訓のすすめ」「遺訓と家訓との関係」「遺訓のテーマ例」の3つを書き足しました。これで従来の倍以上になったことになります。

続きを読む »

リンクについて考える

インターネットは歴史が浅いので、それにまつわるマナー、作法が未成熟です。古くからのユーザーが当然の作法と考えることでも、新しいユーザーにはそうでなかったりする。また、価値観によって何を無作法と考えるかも様々です。

続きを読む »

Googleの表示順位

現在、我が「遺言情報局」はGoogleにおいて、「遺言」で検索すると12番目に表示されます。本格的にサイトの存在を告知し始めてから一ヶ月足らずですから、その意味では上出来でしょう。

続きを読む »

【今週のお言葉】一粒の麦、地に落ちて死なずば

ヨハネの福音書から。「一粒の麦、地に落ちて死なずば、唯一つにて在らん、もし死なば、多くの実を結ぶべし。」です。口語訳の「一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。・・・」でははっきり言って締りがありません。よって文語訳を掲げました。

続きを読む »

一澤帆布の「お家騒動」(3)

この件に関する人々の受け止め方について、若干考えてみたいと思います。

続きを読む »

提案集を作成しました。

サイトのあちこちで「提案」をしています。「・・・・してみましょう」「おすすめは、・・・すること」などといった感じで。読んだ方が具体的な行動のヒントを得られるように、との思いから書いているものです。

続きを読む »

【今週のお言葉】人の将に死なんとするや、其の言うこと善し。

全体は「鳥の将に死なんとするや、其の鳴くこと哀し。人の将に死なんとするや、其の言うこと善し。」という対句になっています。論語の泰伯編からの引用です。

続きを読む »

2006年の「遺言情報局」

新年ですので、今年の抱負を述べます。昨年から本格スタートした遺言情報局、今年は大きな飛躍の年としたいと考えます。また、そうしなくてはなりません。今年の「大目標」は次の4つです。

続きを読む »

【今週のお言葉】死者にたいする最高の手向けは、悲しみではなく感謝だ。

とても美しい言葉と感じ、一目見ただけで気に入ってしまいました。この言葉、まずは遺された者たちへの戒めと言えるでしょう。いつまでも死を悲しんでいても死者は喜ばないよ、それより故人に感謝し、その後の人生を前向きに送ることこそが、死者に対する最高の手向け=供養なのだと。

続きを読む »

WordPress Themes