【今週のお言葉】一粒の麦、地に落ちて死なずば

ヨハネの福音書から。「一粒の麦、地に落ちて死なずば、唯一つにて在らん、もし死なば、多くの実を結ぶべし。」です。口語訳の「一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。・・・」でははっきり言って締りがありません。よって文語訳を掲げました。

続きを読む »

一澤帆布の「お家騒動」(3)

この件に関する人々の受け止め方について、若干考えてみたいと思います。

続きを読む »

提案集を作成しました。

サイトのあちこちで「提案」をしています。「・・・・してみましょう」「おすすめは、・・・すること」などといった感じで。読んだ方が具体的な行動のヒントを得られるように、との思いから書いているものです。

続きを読む »

【今週のお言葉】人の将に死なんとするや、其の言うこと善し。

全体は「鳥の将に死なんとするや、其の鳴くこと哀し。人の将に死なんとするや、其の言うこと善し。」という対句になっています。論語の泰伯編からの引用です。

続きを読む »

2006年の「遺言情報局」

新年ですので、今年の抱負を述べます。昨年から本格スタートした遺言情報局、今年は大きな飛躍の年としたいと考えます。また、そうしなくてはなりません。今年の「大目標」は次の4つです。

続きを読む »

【今週のお言葉】死者にたいする最高の手向けは、悲しみではなく感謝だ。

とても美しい言葉と感じ、一目見ただけで気に入ってしまいました。この言葉、まずは遺された者たちへの戒めと言えるでしょう。いつまでも死を悲しんでいても死者は喜ばないよ、それより故人に感謝し、その後の人生を前向きに送ることこそが、死者に対する最高の手向け=供養なのだと。

続きを読む »

鍵山秀三郎氏の語る「志の三条件」

鍵山秀三郎氏は、イエローハットの創業者で、現在同社の相談役を勤めておいでです。最近、氏の著した「掃除道 ~会社が変わる・学校が変わる・社会が変わる~」を読み、いたく感銘しました。このブログでも何度かにわたり紹介したいと思います。

続きを読む »

一澤帆布の「お家騒動」(2)

一澤帆布の遺産相続をめぐるゴタゴタ。この問題のもう一つの論点は、会社の経営権と遺言の関係です。

続きを読む »

文化を映像で遺す

映像職人’舞’録゛の映像職人kabaさんが、文化を映像で遺すということについて、ビジョンを語っておられます。

続きを読む »

一澤帆布の「お家騒動」(1)

上質の手作りかばんで知られる京都の老舗ブランド一澤帆布が、遺産相続をめぐるトラブルでもめています。

続きを読む »

WordPress Themes