Windows 95発売から20年

投稿者: | 2015-11-25

おとといの11月23日は、Windows 95の発売から20周年でした。

20年前の発売日当日、私も近くの家電量販店で買いました。その半年ほど前にWindows 3.1搭載のパソコンを買っていたので、Windows歴ということではすでに20年を超えています。

Windows95-01

20年前のパソコンは、今と比較すると非力でできることも限られていました。それでも、自分でアプリケーションソフトをインストールすることで多様な用途に使える「夢のマシン」でした。何せ、比較の対象はワープロや電卓、それにゲーム機あたりでしたからね。

今のパソコンでできることは、飛躍的に増えています。パソコン自体の高性能化もさることながら、ネットにつながっているというのが大きいです。ネットの先には様々なサービスがあります。人もいます。

これから20年先、コンピューターやネットはどうなっているでしょうか。人工知能が様々な場面で使われるようになり、もっと賢く、役立つ存在となっていることでしょう。ウェアラブルコンピューターと言われるような肌身に付けるコンピューターが、当たり前になっているかもしれません。

これまでの20年間に想像を超える進化があったように、これからの20年にも様々なところで爆発的進化が起こるものと確信しています。プログラミングというか、ユーザーが深いレベルでコンピューターを使いこなせるための道筋が今よりもっと太くなっていることも、期待しています。

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください