元気なうちに

投稿者: | 2020-08-07

生前準備に関して、早すぎるということはないと思いますが、手遅れということは大いにあり得ます。

病気だったり、知力の衰えだったり(認知症も含みます)、そのほか気力や体力がなくなったりして、「やる気はあっても、手が着けられない」という状態になる危険性があるためです。

個人差こそあれ、75歳過ぎてから始めるというのでは厳しいでしょうし、80歳過ぎてからゼロから始めるというのはほぼ不可能なのではないでしょうか。できれば60代になったら、何らかの時点で考え、行動に移したいものです。意識の高い人であれば、30代40代で始めるかもしれません。結婚したとか、子供ができた、あるいは親や知人をなくした、などをきっかけに。

先日、ウォールストリートジャーナル日本版で「片付けがうまく行かないのなら、心理的なセラピーを受けてみては?」という記事がありました(リンクはこちら。有料会員限定記事です)。確かにこういうことは、精神が安定していて気持ちの充実がなければうまくいかないかもしれません。

とはいえ逆に、こうしたことに前向きに取り組むことで元気がわいてくる、という面もあるように思います。老化予防策としての死に支度と言われると変に感じられるかもしれませんが、案外その気になってやってみれば、当たっているかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください