裁判員制度、やめません?

投稿者: | 2010-12-07

メディアでは裁判員裁判が大きく取り上げられます。

視聴者・読者もいずれ裁判員になる可能性があるので、関心が高いんでしょうか。それとも、法務省の広報にメディアがまんまと乗せられているのかもしれません。

それはともかく、私は裁判員制度そのものに反対です。運用をどうしろとかいうレベルじゃなく、こんなものすぐにやめちまえ、と思っています。

国民にとって司法が疎遠なのは事実です。「三割司法」なんて言葉もあるくらいですから。でも、それを解消するために市民を裁判(しかも、刑事事件!)に参加させるというのは、論理的必然性がありませんし、費用対効果も悪そうです。端的に言って、他にもっと良い方法があるだろう、と。

私は、徴兵やボランティア強制みたいなことにも反対です。国民を強制的に動員するのは、権力の横暴だと考えるからです。もちろん、自分も動員されたくないですし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください