Windows 10が待ち遠しい

マイクロソフトがWindowsの最新バージョンであるWindows 10の正式版を提供開始しました。

Windows 8.1とWindows 7のユーザーは、今後一年間に無償でアップグレードできます。そして今後Windowsは「サービス化」するということで、最後のメジャーアップデートになると言われています。

現状使っている周辺機器やアプリ、それにサービスが対応しているかどうか不安なため、様子見を決め込む人も多いことでしょう。私は既に予約を済ませており、アップグレードが可能になり次第、アップグレードするつもりです。29日が終わろうとする現時点では、「準備ができたら通知する」という画面のままですけど。

WS000007

私の場合、不安というかネックになりそうなのはパソコンで使うテレビやラジオのことくらいです。再生や録画・録音が問題なくできるのか。あまりにできないようだと、元のWindows 7に戻さなければなりません。ただ多少の不都合があったとしても我慢できるレベルなら、アップグレードしたままでいようと思います。

Windows 8の導入は見送りましたが、Windows 10についてはかねてから導入を決めていました。マイクロソフトの提示する方向性に「ついていきたい!」と思わせてくれるものがあったからです。音声アシスタントのCortana、新ブラウザのEdge、Windows ストア、そしてデバイス間連携など。

Windows 10 の機能 – マイクロソフト

その方向性なるものは現時点で全てができあがっているわけではありません。だからこそ今後も最新のWindowsを体験しようと思うなら、今回の「アップグレード祭り」を見送るという選択肢はないのではないでしょうか。

Windows 10、気に入れば8~10インチのタブレットも買おうかと思っています。手頃な機種が出てくれば、スマホについてもAndroidから乗り換えるかもしれません。

アップグレードするかどうか迷っている方におすすめの記事。翻訳記事ですけど。

Windows 10の時代が始まる―間違いなく過去最高のWindows | TechCrunch Japan


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ ブログランキングに参加中です。

WordPress Themes