Winny開発者が高裁で無罪に

投稿者: | 2009-10-09

ちょっとびっくりしたニュースです。一審と二審で結論は「天国と地獄」になりましたね。

ウィニー開発者に逆転無罪、「著作権侵害勧めず」…大阪高裁 : ニュース : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

小倉裁判長はウィニーを「有用であり、また著作権侵害にも用いられる価値中立のソフト」と位置づけ、「ウィニーの現実の利用状況を把握するのは困難で、どの程度の利用状況があればほう助犯が成立するのか判然としない」などと指摘。さらに、「著作権侵害行為に使われることを認識しているだけでは足りず、侵害行為をするようネット上で勧めてソフトを提供する場合に成立する」との新しい基準を示した。

この基準に照らし、金子被告がウィニーを開発・公開した際に「違法なファイルをやり取りしないようお願いします」などと記していたことなどを挙げ、「著作権侵害のみに使用させるようネット上で勧めて、ウィニーを提供したとは認められない」と判断した。

金子勇被告は私と同い年ですが、プログラマーとしてというかコンピュータサイエンスの研究者として、なかなか優秀な方のようです。

本件については、幇助の罪を認めた一審判決の方に共感できます。著作権のあり方が現状のままでいいのか、という議論はありえますし、私もいいとは思いません。

ただ、Winnyによってソフトウェアやコンテンツが大量に複製され、あるいはタダで利用できる状態になったのはまぎれもない事実です。開発者が罪に問われるのは、極度に犯罪の範囲を広げるものだとは思いません。もちろん、たとえ有罪であっても罰金刑で十分とは思いますが。

この件については、開発者が逮捕された2004年にもブログで取り上げました。

今ココニ在ル未来:Winnyの作者、逮捕 – livedoor Blog(ブログ)

Winnyのようなファイル共有ソフトによって著作物をタダで手に入れるのは、やはり良くありません。一方、著作権者の方も、現状にあぐらをかき、消費者の不満や怒りに耳を貸さないでいると、政権から引きずり下ろされた自民党みたいなことになっちゃいますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください