【再録】仕事の付加価値

?知識社会における仕事の対価は次の三つの水準に大別されるのではないか。
そんな風に考えている。 続きを読む »

自分をブランディングする時代

livedoor ニュース – パーソナル名刺でいつもと違った自分をアピール.

仕事で名刺を持つ(あるいは、持たされる)のは、ごく一般的なことでしょう。では、パーソナルな名刺を持っている人は?まだまだ少数派なんじゃないでしょうか。

でもこれからは、何らかの「個」を持つと自負する人はみな、自分のブログないしホームページを持ち、さらにパーソナルな名刺を持つようになるんだと思います。ブログやホームページを通じて関心のあること・好きなことを表明し、それを通じて、周囲の人により深く自分を理解してもらう。あるいは、関心のあること・好きなことを通じて、新たな出会いを実現する。

パーソナルな名刺は、そうしたネット上のプレゼンスへの案内板のような役割が求められるんじゃないでしょうか。

そう考えると、この名刺に盛り込んでおきたい情報としては、名前・職業を始め、ブログやホームページのURL、メールアドレス、mixiなどSNSのIDなどが考えられます。愛用のハンドルネームがあれば、それを書くのもいいかも。あとは座右の銘とかイラストとか写真とか、自分らしさを端的にアピールできる情報が盛り込まれているといいですね。もちろん、本人の顔写真または似顔絵も必須。

いずれにしろ、ブログやホームページを通じて、パーソナルな名刺を通じて、自分をブランディングする時代なんですよ。

長文うぜぇ

ネットの掲示板ではよく「長文うぜぇ」というレスが付きます。通常2~3行でレスするのが基本ですから、それを大きく超えるような文は長すぎて、読む気がしない、と。 続きを読む »

2008-09-27のTwitterログ

  • ブックマーク: 将来、自分が孤独死するんじゃないかと怯えている人のために: いずれ普及するかもね。 http://tinyurl.com/4se3f9 #
  • ブックマーク: 御殿場・散骨場問題:反対決議、全会一致で可決--御殿場市議会 /静岡 – 毎日jp(毎日新聞) http://tinyurl.com/3gusyr #
  • ブックマーク: RKB LOCAL NEWS http://tinyurl.com/3wsytc #
  • ブックマーク: livedoor ニュース – パーソナル名刺でいつもと違った自分をアピール http://tinyurl.com/3hjrw7 #

瀬戸内寂聴、ケータイ小説に挑戦

特集:「あしたの虹」を書いた理由 瀬戸内寂聴さん・藤原新也さん対談 – 毎日jp(毎日新聞).

86歳でケータイ小説ですか。その知的好奇心や柔軟性には頭が下がります。私などは、気にはなっているものの、読んだことすらありません。もっとも、小説自体、ほとんど読まないんですけどね。

ケータイ小説については日本語をだめにする、文学ではないなど、悪口ばかりを聞きました。でも非常に売れている。知らなきゃ何も言えないと思い、読みました。これなら売れるなと小説家として思いました。さらに「これなら書ける」と思ったのが書き始めたきっかけです。

瀬戸内寂聴、日野原重明、五木寛之あたりは、年老いてますます創造力が向上している真の「スーパー老人」ですね。五木はまだ70代ですが。私も見習う、というとおこがましいですが、心密かにお手本とさせていただこうと思ってます。

ところで、寂聴が「らくらくホン」を使っているというのには、少しクスリとしてしまいました。たぶんPCやワープロソフトも使っていないでしょう。この世代、特に女性は、メカにはめっぽう弱いみたいですね。

【再録】顧客満足を「保証する」ということ

顧客満足保証という考え方、というか商売上のシステムがある。平たく言えば、「ご納得いただけなかったらお代はお返しします」というヤツだ。アメリカでは通販会社を初めとしてこれをポリシーとして打ち出しているところが少なくないと聞く。 続きを読む »

【お知らせ】「起業家日誌」の記事再録について

2004年の1月から6月にかけて、Doblogというブログサービスを使って「起業家日誌」というブログを書いておりました。当時は、「思ひ出アーカイヴ」というネットサービスの事業化を目指していたんです。今は、休眠状態ですが。 続きを読む »

Googleが「最もたくさんの人に役立つ」アイデアを募集

Googleが、「おかげさまで10周年」の一環として、「プロジェクト10の100乗」というものを展開しています。最もたくさんの人に役立つアイデアを募集・選考し、優秀なものにはプロジェクトのための資金を付ける、というものです。 続きを読む »

サステイナビリティーコンサルタントの豪人夫妻

自ら「コンサルタント」を名乗っているので、コンサルタントと名の付く職業には敏感に反応してしまいます。 続きを読む »

NHKが視聴率トップに

asahi.com(朝日新聞社):NHK、視聴率トップに 上半期ゴールデンタイム – 文化.

NHKが積極的に選ばれているというよりは、民放が大人の視聴者から見放されつつある、と考える方が実情に近い気がします。といっても、民放全部を合わせれば、まだまだNHKには負けませんけどね。いつか、ゴールデンタイムでNHKの視聴率が民放全部を合わせたくらいになったら、それはスゴいことです。

私自身について言えば、テレビを付けている時間の半分超は「1チャンネル(関東ではNHK総合)」に合わせていると思います。BSが観られる環境ならば、もっとNHK率が高まりそうです。

ま、それ以前に、テレビ離れということがあって、テレビを観る時間は年々減っています。主にネットのせいで。テレビ(とりわけ地上波)は、どんどん老人とコドモ、それにもしかしたら女のためのメディアになってくんでしょう。

WordPress Themes